Takeshi Kunitomo was born in Fukuoka in 1970 and graduated from The Tokyo Bunka Fashion School in 1991.After graduating he performed as a fashion model in Tokyo and Paris.
He joined S-inc. in 1993 and started "T.KUNITOMO" brand.
Early T.KUNITOMO announced a collection that was remade American and French clothes.Then in the wake of a meeting with Indian and Southeast Asian materials and traditional handicrafts and announced the unique collection that was conscious of the roots of Japan.
In 2001 he started his new brand "gouk" with the concept of Japan and the ethnic brand “kugo”.
In 2011 he spin off fashion division from S-inc. and became the president of KINCS.
He works actively on developing young designers and total fashion management.
Takeshi Kunitomo

國友剛(クニトモ タケシ)は一九七〇年、福岡に生まれる。
九一年に東京・文化服装学園を卒業した後、ファッションモデルとして東京、パリで活躍。
九三年 株式会社シンクに入社後、「T.KUNITOMO」ブランドをスタート。
初期のT.KUNITOMOはフランス、アメリカの古着をリメイクしたコレクションを発表。
その後、インドや東南アジアの素材や伝統的な手工芸との出会いをきっかけに
日本というルーツを意識した個性的なコレクションを発表。
二〇〇一年、新しい「日本」をコンセプトにした新ブランド「gouk」。
さらにはアジアをテーマにした新エスニックブランド「kugo」をスタートさせる。
二〇十一年、株式会社シンクよりファッション部門を独立、
株式会社KINCSの代表取締役に就任。若手のデザイナー育成をはじめ、
総合的なファッションマネージメントを精力的に展開している。